東京都で浮気・不倫調査の探偵業者の検索なら【探偵探しの達人】

探偵探しの達人
  • 探偵探しの達人
  • エリアから探す

  • 検索

×
探偵探しの達人お問い合わせ

東京都で浮気・不倫調査の探偵業社一覧

探偵さがしのタントくん
1 件 - 20 件を表示 (全 149 件)
 
1 2 3 4 5 ...8
不倫調査

不倫や浮気の調査を探偵に依頼する際、何を伝えたら良いのでしょうか。

1. 予算

探偵事務所に調査を依頼するとなれば、もちろんお金がかかることを多少は覚悟しなければなりません。
そのため、できる限り予算を決めておきましょう。
探偵事務所によっては予算に合わせて調査方法を提案してくれます。
もちろん「いくらかかっても良い!」ということであれば話は別ですが、どの人にも多少の予算はあると思います。
いくらまでなら大丈夫か、ということをしっかり決めておきましょう。予算は探偵に伝えておくべきです。

2. パートナーの行動がいつからおかしくなったのか

パートナーがいつから浮気や不倫をし始めたのか、分かる範囲でいいので伝えましょう。
本来は浮気や不倫を確信したらすぐに調査を始める方が良いのですが、多少月数が経っていたとしても、問題ありませんので、いつ頃から怪しいと思い出したのか伝えておきましょう。
いつから怪しかったのか、ということが分かれば、そのカップルがどこまで「進んで」いるかということが分かります。

3. パートナーの行動がどう変化したのか

浮気や不倫に気付いたきっかけは何だったのか、ということももちろん重要です。
残業が増え始めたのか、ケータイをいじり始めたのかなど、どんな変化があって浮気や不倫を疑ったのか、それも伝えておきましょう。
それにより、いつデートをしている可能性があるのか、などということが分かります。
だいたいケータイは浮気や不倫の情報の宝庫ですが、ケータイにロックをかけ始めた、などという情報も大切です。

4. 浮気や不倫の決定的な瞬間を見たかどうか

実際は、パートナーが浮気や不倫をしていると疑っていたとしても、実際はそんなことなかった、という取り越し苦労の可能性も考えられます。
もし浮気や不倫の証拠を自分で掴んだわけではないのなら、まだパートナーが浮気や不倫をしていると決めつけてはいけません。
そのため、例えば実際に二人でラブホテルに出入りする瞬間を見たなどのことがあるのか、そうでもないのか、ということも探偵に伝えましょう。

5. 浮気相手の素性

浮気相手の素性も、実際は「顔くらいしか分からない」ということが多いのです。
しかし、もしそれ以外に名前が分かる、住所が分かる、職場が分かる、等ということであればそれも伝えましょう。
もちろんこれに関しては探偵が調べることも可能ですが、それでも自分でもし浮気相手の素性を掴んでいれば、その分調査費用を安くすることもできます。
そのため、浮気相手の素性も分かる限り伝えましょう。

6. ラブホテル等に出入りしている可能性について

浮気の証拠を掴むためには、ラブホテルの出入りは重要です。
宿泊であっても、例えばビジネスホテルの部屋に泊まったようでは浮気や不倫の証拠にはなりません。
そのため、ラブホテルの出入りは浮気や不倫の調査においては非常に重要なのです。
もしもパートナーの財布や上着などからラブホテルのメンバーズカードがあった、ライターがあった、等ということがあれば必ず伝えましょう。

7. 相手は自分が浮気や不倫に気付いていると知っているかどうか

これは気付かれていると厄介です。浮気や不倫の証拠集めで一番大切なことは、相手にバレないことなのです。
そのため、パートナーの浮気や不倫に気付いて相手を問い詰めてしまった、あるいはまだ知らない振りをしているなどということも探偵に伝えておきましょう。
できる限り相手にはバレていない状態が望ましいです。バレていると証拠がつかみにくくなります。

8. 自分で掴んだ証拠があればそれを提示する

自分でした調査などがあれば、それを話しましょう。例えばパートナーのケータイを見て、通話履歴がいつ見ても空だったり、万が一にも証拠となるような写真があればそれも探偵に伝えましょう。
危機感の薄い人だとケータイに浮気相手の写真等を保存していることもあります。
そのため、もしケータイを見た時にそれなりの証拠が得られたなら、それも伝えておきましょう。

9. 今後自分はどうしたいのか

浮気や不倫の証拠を掴んで、自分はどうしたいのかということも探偵に伝える必要があります。
多くの探偵事務所では弁護士や行政書士を紹介するなどのアフターケアがありますから、それを効率よく利用するためにも、自分は離婚をしたいのか、それとも夫婦関係を修復したいのか、などを自覚しておかなければなりません。
もちろん証拠はお守り代わりにする、というだけでも構いません。
分からない場合は分からないと伝えましょう。

10. 相手に浮気や不倫の経歴があるかどうか

浮気や不倫は治らない病気とも言われ、それを繰り返す人は何度も何度も繰り返します。
もしもパートナーの浮気や不倫が初めてではない、という場合はそれもしっかり探偵に伝えましょう。
例えば結婚する前に浮気をされたことがある、パートナーは既に不倫をしたことがあるなどの情報も重要です。
浮気や不倫を繰り返した人はまた繰り返す必要がありますから、今後どうしたいのか、ということにも影響を与えます。

浮気・不倫の記事

人気の記事

PAGE TOP