浮気・不倫調査、行動調査、家出・所在調査、信用調査、ストーカー対策、人探しなどの探偵業者の検索なら【探偵探しの達人】

探偵探しの達人
  • 探偵探しの達人
  • エリアから探す

  • 検索

×

探偵Q&A

回答

探偵に関して素朴な疑問・気になる事も多いかと思います、そんな疑問をQ&A形式で解決します。

探偵になるためには何が必要?
回答

では、探偵になるためには何か資格が必要なのでしょうか。実は探偵になるために国家資格があるわけではありません。大切なのは経験と調査能力です。 しかし、探偵を開業するためには警察を経由して国家公安委員会に届け出る必要があります。そして、営業許可を見えるところに掲示することになっています。

探偵の料金はどうやって決まるの?
回答

探偵を選ぶ際にどこに注目すると良いのでしょうか。中には料金が安いところのほうが良いと思っている人がいます。 しかし、これは一概には言えません。探偵の料金というのは基本的には決まっていますが、実際に調査を進めていかないとわからない部分があるからです。 探偵の料金というのは基本的に人件費が大部分を占めます。調査活動のために多大な時間と人手が必要となるからです。 それで、案件を調査するために必要な期間と調査人数を元に基本的な料金が決まります。その後、調査次第ではさらに費用がかかる場合もあります。

探偵の調査員に必要な資質とは?
回答

探偵の調査員として必要な資質はどのようなものでしょうか。もしかしたら、調査員として必要なものに調査技術と思われるかもしれません。 確かに調査技術があればそれに越したことはないのですが、それよりも必要なものがあります。それは体力です。 実際、調査員というのは体力がなければしっかりとした調査ができません。また、我慢強さという資質も必要となってきます。対象者を張り込んだりするからです。

後払いの際に注意したいこととは?
回答

案件によっては契約書を交わし、調査が完了してから料金を支払うという場合があります。 最初に一部保証金や手付金を払って、残りを最後に支払うというものです。その際に注意したいのは契約書に明確な金額が記されているかということです。 金額が明確になっていないものはサインしないようにしましょう。

人探しの料金の相場とは?
回答

探偵業のなかでも多い案件が人探しです。さて、人探しの相場というのはいくらぐらいなのでしょうか。 案件によって差はありますが、だいたい10万から100万円はかかると思ったほうが良いでしょう。 探して欲しい人に関する情報を事前に集めていればそれだけ早く探し出すことができますので、費用を抑えることができます。

調査が失敗することはあるの?
回答

あります。探偵も完璧ではありませんので、調査に失敗してしまうことがあります。 しかし、大きく分けて二つの原因が考えれます。一つは依頼者側のミスです。探偵の存在を対象者に伝えてしまったなどです。 二つ目は探偵側のミスや調査力不足といった原因です。

調査に失敗した場合のお金はどうなる?
回答

調査に失敗した場合にはケースバイケースで返金されるかどうか決まります。 例えば、失敗した原因が依頼者側にある場合には返金されない可能性が高いです。 逆に探偵側にある場合には返金してもらえるでしょう。 また、すべての項目について調査が終わってないとしても、途中まで終わっているならその調査の進行具合で一部返金されるかもしれません。

着手金とは?
回答

多くの探偵と契約をする際に必要になってくるのが着手金です。着手金とは何でしょうか。 それは調査をする際に必要な費用のことです。実際、一つの案件を調査するためには時間と人件費がかかります。

探偵の報告書に必要なもの
回答

探偵の能力がわかるのが報告書です。では、報告書にはどのようなものが必要となってくるのでしょうか。 まず写真です。写真が鮮明でないといけません。 次に調査内容が時系列になっており誰が見てもわかりやすいかどうかということです。 そして、最新の地図情報が添付されていて、位置関係がわかること、最後に客観的な内容となっているという点です。

優秀な探偵に必要なこととは?
回答

優秀な探偵に必要なものとしてまず最初に上げることができるのは調査力です。 探偵として調査力がないと非効率ですし、お金もかかってしまいます。次に必要なのが、冷静な判断力です。 状況が刻々と変化しますので、その状況で冷静な判断を下せないといけません。 そして、経験と実績も必要です。経験と実績があれば依頼者を安心させることができます。

探偵Q&Aブログ

PAGE TOP