滋賀県で浮気・不倫調査の探偵業者の検索なら【探偵探しの達人】

探偵探しの達人
  • 探偵探しの達人
  • エリアから探す

  • 検索

×
探偵探しの達人お問い合わせ

滋賀県で浮気・不倫調査の探偵業社一覧

探偵さがしのタントくん
1 件 - 14 件を表示 (全 14 件)
 
1
 
不倫調査

浮気・不倫をする日がわかれば探偵の料金も安くなる理由

1. 見積りが安く済み、無駄が最小限となるため

依頼人は最初にどのくらいの支払いが生じるのか、とても気になるところでしょう。
そして探偵料は、調査終了が明確でないと、予備日を設けなくてはならないので多めに見積もることが殆どです。
これは後から追加請求することで揉めることを防ぐための事前措置で、顧客のためでもあるので避けられません。
でも、事前に情報があれば予備日を確保する必要がなくなります。
そうすることで見積もりも安くなるので予算も立てやすく、結果的に支払いが最低限で済む可能性が高くなります。

2. 張り込みが必要最小限の人手で済む

どこへ行くのか、いつ会うのかが不明な場合には長期戦が予想されます。
また、尾行には人手も十分に確保しておくことが欠かせません。
顧客に「対象に逃げられてしまいました」「見失ってしまいました」といったような失態を報告しなくて済むように、リスクを分散するという意味合いも含まれています。
そのために1週間の調査と予定していても、運よく調査開始2日目に成果が出たとしたらどうなるのでしょうか。
これは依頼者にとってはラッキー極まりないことではありますが、予定に組んでいた分の支払いが生じてしまうことがあります。
これは探偵会社が1週間と見越して確保しておいた人材への手当となるので、値引きするわけにはいかないのです。
つまり、依頼人は支払いに応じることになります。
でも、尾行は不要で然るべきタイミングで然るべき場所にいて、決定的な写真だけ撮影すればOKとなるとかなりの人手がセーブされるのは明らか。
その為、料金は必然的に安くなる仕組みです。

3. 事前調査費が不要になるため

「不倫や浮気絡みで探偵に依頼をするということ」=「離婚協議に有利に働く確実な証拠を掴みたい」ということです。
浮気や不倫は推測だけでクロと決めつけるわけにはいきません。
やはり確たる証拠無くして、罪を認めさせるのは至難の業。
そこで探偵に依頼して、動かぬ証拠を押さえてもらう必要が出てくるわけです。
そうなると、「誰と浮気をしているのか」「相手はどういった人なのか」「どういったタイミングで逢引きしているのか」「どこで逢引きしているのか」等の疑問が生じます。
これらを解決せずして証拠を掴むのは不可能なので、やはり事前調査が必要になります。
これが探偵に対する依頼料を大きく左右するポイントのひとつ。
もしも既に相手のことを承知していたとすれば、その調査に掛かる費用をセーブできます。
また、どういったタイミング、場所で会うのかといったパターンがあらかじめ判っていると、探偵の労力が少なくて済みます。
即ち、支払いが安くなるという計算が成り立つのです。
もしも、自分が掴んでいる証拠があるのなら、惜しまず探偵へ情報提供するようにしてください。
相手の名前などのメモだけでなく、二人の写真があれば直よし。
1枚だけでは印象が異なると別人に見えてしまうことがあるので、複数枚の準備がベストです。

4. 作戦の立て直しによる追加料金がセーブできる

もしもピンポイントで狙っていた日が残念ながら確たる証拠を押さえることができずに空振りに終わってしまった場合。
作戦変更を余儀なくされます。
でも、次の逢引きの日も予測がついているのならば、追加の料金はまたしても安くなる計算が成り立ちます。
1度目の失敗があるので念を入れたとしても、情報に基づいて計画を立て直すので上手くいく確率は高いまま。
その場合の料金は驚くほど高騰するようなことは考え辛く、心配には及びません。
また、料金が一番の懸念という人は、長期的な計画を予め聞いて、心配になった点についてはプロジェクトがスタートする前に質疑を終えておくと安心です。

5. 備えが少なくて済むため

探偵はプロなので、例えクライアントが「安く済ませたいから備えは不要」と言っても備えておきたいものなのです。
つまり、様々な面で人や時間、必要機材等を備えておくのが一般的。
でも、信ぴょう性の高い情報を身内から提供してもらえれば、そのことからジャッジして不要な備えを止めることもあります。
備えが不要ならば、当然のように掛かる経費も少なくて済むので、料金が安くなるということに繋がります。

6. 他の仕事と同時進行が可能になるため

この理由は顧客に馬鹿正直に報告する探偵もいないと思いますが、張り込みの時間や時間ををきっちりと絞り込めるということは、他の顧客からの依頼と同時進行もできるということです。
そのため、人を1日いくらで雇っている探偵事務所は、二つの案件に時差を付けて取り組ませても最終的な支払いは1日分だけで済みます。
でも、顧客には2人分それぞれの請求を行えることができちゃいますね。
そういった時には、誠実な業者の場合には時間給で換算してくれるので安くなります。
事業主のポリシー次第なのでなんとも曖昧ではありますが、こんな点も料金を安くできるポイントとなり得るのです。

浮気・不倫の記事

人気の記事

PAGE TOP